自己資金を長期運用するなら


年金不安や経済的不安など・・・将来的な不安がなかなか取り払えないものです。
ご自身の資産を有用に活用していくことは非常に大切なことであると思います。
如何に自己資産を有用していけるか?と考えた時に、
以前ほどその旨味はなくなりましたが、長期的な視点で自己資金を運用するのであれば、
いまだに外貨預金は有利性があると思います。幸いにして日本の金利政策は非常に低い!ので
外貨で預金するメリットがまだまだあるからです。

例えば現状であれば、比較的安定していながらスワップ益も見込めるのは豪ドル/円でしょう。
一時期は豪ドル/円よりも更に高金利な通貨もありましたが、今ではそこまで魅力はありませんし、
長期運用と考えればやはり安定した運用が出来ることが何よりも大切だと思います。

ちなみにご存じかと思いますが念のためにお伝えしておくと、
外貨取引の際は為替変動だけのリスクに目がいきがちですが、
外貨預金に関しては預金保険機構の預金保険制度での元本保証はありません。
銀行が破綻すれば預金額はなくなります。
絶対大丈夫!ということはないのでご注意ください。