転職サイトを活用する

転職サイトとは

リクルートに代表される転職支援人材紹介会社が運営しているサイトです。
また会社によっては、エージェントがサポートしてくれるところもあります。
気になる職種や希望の待遇などの条件を登録しておけば、
その条件にあった企業が求人を出した場合にはメールでお知らせしてくれたり、
もしくはエージェントの方から直接連絡をいただける時もあります。

ですので、転職サイトに登録しておけば・・・
ご自身でピックアップせずとも条件にあった案件情報が手に入るので、
忙しい方であっても求人情報を得ることが出来ますので、なかなか重宝するかと思います。

また、転職サイトの中には、業種によって得意分野が違うサイトもあります。
例えば、WEB系のお仕事や看護師の求人転職情報など・・・
これらのお仕事を専門的に扱っている転職サイトなどもあります。


転職エージェントとは

転職エージェントとは厚生労働大臣の許可を受けた、
民間の職業紹介・旋回会社のこと指します。正式名称は「有料職業事業所」といわれます。

担当の方が転職活動のサポートをしてくれるのですが、仕事の紹介だけでなく、
履歴書や職務経歴書の書き方、面接対応等もサポートしてくれます。

また面接日の設定・調整、
企業側に相談しにくい待遇面での交渉なども代わりに行ってくれたりもします。
エージェントの利用は、仕事をしながら転職活動を行う上でも、効率良く動くことが出来ます。

ただ残念なことに、、担当してくれる方の対応が悪いこともあります。
担当者の当たり外れは運によるところもありますが、
ある程度、転職エージェントも見極めることは出来ます。まず一度面談を受け、
その後紹介してくる企業がどれほどこちらの希望する条件に沿っているかを確認してみることです。
もしそれがご自身の意見が反映されていない場合は、とりあえず就職させてしまえば良い、
そういう考えをもったエージェントである可能性が高いからです。

このような判断もご自身が転職する理由が明確であれば判断に迷うことはないと思います。
大きな助けにもなる転職エージェントですが、逆に・・・
担当者のノルマ達成のために、いいように使われることは避けたいですね。