自己分析をする

己を知る

自己分析はご存じでしょうか。
新卒の就職活動をされた方なら記憶にあるかもしれませんね。
過去の自分を振り返って見た時に、今まで何をしてきたか、 どういう人間だったか、
何が好きで何が嫌いか、どういったことを尊重してきたのか・・・

これらのことを分析して己を知る作業が自己分析です。

実は転職をする時においても、この自己分析はしてみるとよいでしょう。
社会のしがらみの中で自分自身を偽って、、我慢して生きてきた人もいるでしょう。
本当に自分がしたいこと、思っていること、あえて可能性を閉ざしていないか・・・等、
転職を考える時にはこういった自己分析を行い、本当の自分を見つけてから行動されたほうが、
転職したことに、満足のいく結果が得られると思うからです。

なんとなくのイメージで転職されると、、、
職場が変わっても、どこか今までと変わらなかった・・・ということにもなりかねません。

また今までの職種職種しかない、出来ない、、
そんな風に思われている方でも自己分析をしてみることで、
今までやってきた職種以外にもご自身がチャレンジしたいことが見つかる時があります。
その結果に対して挑戦するか諦めるかはご自身次第でしょう。

ただもし・・・諦めることになったとしても、それを後々になって気づくよりはよいでしょうし、
諦めた理由も明確であるはずなので、納得もいくでしょう。

己を知れば本来ご自身が何がしたかったのか、それ明瞭がも見えてくると思います。